当施設は戸建ての貸別荘となり、第3者との接触は基本的にありません。
ホテルや旅館よりも感染対策はスマートですが下記事項を周知しております。


宿泊者及び滞在者様へのお願い
・必ず宿泊者全員の名簿への正確な記載にご協力願います。
・チェックイン時に必ず宿泊者全員の身分証明書の確認にご協力願います。
・チェックイン時に必ず宿泊者全員の検温にご協力願います。
・体調に異変が生じた場合は、室内にとどまり、必ず施設に申し出るよういたします。
・手洗いや咳エチケットについてご協力をお願いいたします。

従業員の対策
・新型コロナウイルス感染症に関する情報共有※感染が疑われる場合の対応
・手洗いうがい消毒
・手指消毒の徹底
・感染が疑われる者が触れたと思われる場所へはいかない
・咳エチケットの徹底
・体調不良の場合は休む(自宅安静と適切なタイミングでの有症状者相談窓口への相談及び状況報告等)
・3つの密を避ける行動
・不要不急の外出の自粛
・出勤時の体温測定と健康チェックと記録

施設としての対策
・関係機関と十分な連携
・新型コロナウイルス感染症に関する情報収集
・宿泊者及び従業員の安全確保対策
・最悪の場合を想定した営業継続計画策定(従業員のシフトや役割分担)
・事案発生時の迅速かつ適切な連絡体制の確認
・必要物品の手配(手洗い用石鹸、消毒液、マスク、使い捨て手袋等)

具体的な対策の検討にあたっての考え方
・新型コロナウイルス感染症の主な感染経路である接触感染と飛沫感染のそれぞれについて、従業員や宿泊客等の動線や接触等を考慮したリスク評価を行い、リスクに応じた対策を検討いたします。
・接触感染のリスク評価としては、貸別荘は他者と共有する物品やドアノブなど手が触れる場所が無いため、清掃での消毒を徹底することで対応する。高頻度接触部位(パブリックエリアの家具類、テーブル、椅子の背もたれ、ドアノブ、電気のスイッチ、インターホン、テレビや空調機等のリモコン、タッチパネル、蛇口など)には特に注意
・飛沫感染のリスク評価としては、換気の状況を考慮しつつ、人と人との距離がどの程度保てるかや、施設内で大声などを出す場がどこにあるかなどを評価

具体的な感染防止策
・LINEビジネスアカウントの導入により非接触フロントを開始。また、従業員と宿泊客の接触をできるだけ避け、対人距離(できるだけ2mを目安に(最低1m))を確保する。
・オンラインチェックイン機器の導入
・感染防止のための宿泊客は1日に1組とする(チェックイン・アウト時に密にならないように対応。)
・換気対策として、すべての施設に強制換気装置を設置、室内の空気を短時間に強制排気する機械を新規に設置した。
・施設玄関に手指の消毒設備の設置
・マスクの着用(従業員及び宿泊者に対する周知)
・施設内の定期的な消毒
・従業員及び宿泊客の定期的な手洗いや消毒
・従業員の毎日の体温測定、健康チェック
・新型コロナウイルスに関しては、発症していない人からの感染もあると考えられるが、発熱や軽度であっても咳・咽頭痛、けん怠感などの症状がある人は申し出るように呼びかける。宿泊客から申し出があった場合は、同意を得た上で、速やかに保健所(有症状者相談センター)へ連絡し、その指示に従う。
・送迎サービスは中止し、軽自動車をレンタルする。
また、等施設では長野県の感染症対策ガイドの内容を厳守しております。